昭和の可愛い!くるくるクルミちゃん展 2018年3月30日(金)〜4月8日(日)開催時間12時〜19時(最終日17時まで
マルチクリエイター松本かつぢ

1904年(明治37年)~1986年(昭和61年)
挿絵画家、漫画家、童画家、グッズデザイナー
神戸市生れ。東京で育つ。
昭和初頭、少女雑誌で挿絵家としてデビュー。エキゾチックで繊細な美少女画で頭角を現わす。やがて、抒情的ななかにもはつらつとした明るさをもつ新しいタイプの少女画を確立し、高畠華宵、蕗谷虹児らに続く新世代の画家として人気を博した。
漫画家として1938年(昭和13年)に、少女漫画の先駆け的作品である『くるくるクルミちゃん』の連載を開始、連載は35年間続いた。
その他の代表作に『?(なぞ)のクローバー』などがある。

昭和の可愛い!くるくるクルミちゃん

漫画『くるくるクルミちゃん』は昭和の初期から35年にわたって当時の少女雑誌に連載され、少女漫画の先駆け的作品であるとともに、絵はがきや便箋の表紙になど、次々と商品化されて日本のキャラクターグッズの元祖になりました。
日本の“かわいいもの文化”の歴史をさかのぼると、実は“Kawaii”の元祖は、このくるくるクルミちゃんに辿り着くと言っても過言ではないのです。

限定イベント開催 先着順イベント3月31日(土)・4月7日(土) クルミちゃんカフェで注文すると限定プレゼント 会場:ブックハウスギャラリーひふみ座 現在地からのルートを表示する お問い合せ:ウイル・コーポレーションTEL:090-8095-0361/ブックハウスカフェTEL:03-6261-6177
(主催)
株式会社ウイル・コーポレーション
(後援)
株式会社松本かつぢアート・プロモーション
(協力)
株式会社エクラアニマル
株式会社ブックハウスカフェ