月刊!!ういる子の販促大作戦 2017年10月31日 VOL.4 TOPICS ●セミナー参加者に「ウイルコ新聞」をプレゼント ●DMを根本から見直せば、業績UP! column ●ういる子の「今さら聞けない販促用語」その3 アルゴリズム トピックス1 セミナー参加者に「ウイルコ新聞」をプレゼント

10月26日(木)にDシリーズセミナー
「集客虎の穴 第3弾」が開催されました。

多くの方々にご参加いただき、大盛況でした。 ありがとうございます!

※動画が表示されない方はこちら↓

終了時に配られたのが、「ウイルコ新聞」です。
その場でデータを作り、即座に少量ロットの印刷をする。

それが、ウイルのデジタルオフセット印刷です!



トピックス2 DMを根本から見直せば、業績UP!

この時期、「忙しい年末年始が過ぎれば、また、売れなくなる」とか
「2月になったら、DMをうっても、思うように業績が伸びない」という
声が聞こえてきます。

でも、ちょっと待ってください。
もしかしたら、顧客データの分析をしもしないで、DMを打っていませんか?
購入顧客を見落とし、響かない顧客にDMを打っていませんか?

「設備導入のゆとりがない」とか「人材が確保できない」などと思っているそこのあなた!
ういる子にお任せください。



ウイルのDDM! 詳しくはこちら


ういる子の今さら聞けない販促用語 その3 アルゴリズム

誰もが一度は聞いたことがある「アルゴリズム」という言葉。
何となく分かっているけど、説明しろと言われたらできません。
今回は、そんな「アルゴリズム」について、先輩から教えてもらいました。

「アルゴリズム」とはコンピューター用語で、
「計算方法」のことなのだそうです。
つまり、「何を」「どのような順番で」「何に対して行うのか」
パソコンに記述していくこと。
「アルゴリズム」は単なる記述ですから、誰かがこれをパソコンに
プログラミングしなければ、答えは出ません。

ウイルの販促データマイニングも、プログラムされたアルゴリズムによって、
最適化された顧客がはじき出されるのですね。

ウイルのデータマイニング! 詳しくはこちら

本メールは名刺交換させていただいた方、
または配信希望された方に配信しているメールマガジンです。

※本メールの無断転載は禁止とさせていただきます。

株式会社ウイル・コーポレーション