クリープ処理

クリープ処理 印刷

クリープ処理

読み方

くりーぷしょり

意味

中綴じ製本の際、紙の厚さにより内側のページほど紙の端が狭くなるため、ページ数や紙の厚さによっては、印刷絵柄が切り落とされることがあります。綴じ側の余白を調整することで、ページごとの絵柄のずれを補正することをクリープ処理、または、送り込み処理といいます。

中綴じ製本は、二つ折りの紙を重ねて背の部分を針金で留めます。このため、ページ数が多くなったり紙が厚くなってくると、中心部のページになるほど小口側(綴じる部分の反対側)が少しずつ飛び出す形になるため、断裁時に多めに切り落とされる現象が起きます。

クリープ処理を行うことで、ページごとのずれを解消して、絵柄が切り落とされずに読みやすい製本ができます。インデックスなどがある冊子は小口側の絵柄を優先するためにクリープ処理を行い、ノド側に絵柄などがある場合には見開きページのずれを防ぐことを優先して、クリープ処理を行わないのが一般的です。

ページ数が多い中綴じ冊子は、小口側の絵柄が切れないように、送り込み(クリープ)処理をすることがあるんですね。

タイトルとURLをコピーしました