中綴じ・無線綴じ冊子が安い 安いクセつけよう クセになる印刷通販 ウイルダイレクト
初めての方も安心。お気軽にご相談ください。
24時間注文受付。送料無料!
お支払い方法アイコン
お問い合わせ

ノド

ノド 冊子

ノド

読み方

のど

意味

ノドとは、本や冊子の綴じ側にあたる部位の呼び名です。

冊子を開いた状態では、 中央の綴じ側がノドに該当し、ノドから紙面内の絵柄までの余白をノドアキ(ノド空き)と呼びます。

冊子を開いた状態では、 中央の綴じ側がノドに該当し、ノドから紙面内の絵柄までの余白をノドアキ(ノド空き)と呼びます。

冊子に仕上げた状態で、紙面内の絵柄が隠れないよう、ノドアキは製本方法やページ数、使用する紙の厚みに合わせて設定する必要があります。

無線綴じ冊子の場合は、 背を糊で固め製本するため、ページの中央まで完全に開く事ができません。
ページ数が多い場合や用紙が厚い場合、ノド部分に配置した絵柄は見えづらくなるため、最低でも15~20mm前後のノドアキを設定しておくのが一般的です。

ページ数が多い場合や用紙が厚い場合、ノド部分に配置した絵柄は見えづらくなるため、最低でも15~20mm前後のノドアキを設定しておくのが一般的です

小説や論文など文字の多い冊子は、ノドのアキを大きめに取ることで、可読性を上げることもできます。

中綴じ冊子の場合は、無線綴じに比べてノド部分まで開くことができますが、端のページほど、ページの厚みでノド部分は隠れてしまうため、10mm程度はノドアキを設定しておくのがよいでしょう。

製本のとき、綴じ側の部分をノドと呼ぶんですね。

もっと詳しく知りたい!(別ウインドウが開きます)

  1. 無線綴じの「ノド」にご注意!
  2. 見開きいっぱいまで開く冊子を作りたい!
  3. 冊子制作用テンプレートをダウンロード

タイトルとURLをコピーしました

冊子の直販サイト「ウイルダイレクト」は、工場直販・送料無料で5営業日発送。アジア初導入の最新印刷設備(※1)と製造ラインによるデジタル印刷で、手頃な価格帯のモノクロ/フルカラー冊子を提供し、お客様の「多ページ冊子を作る設備がない」「自社設備では工数・コストがかかりすぎる」といったお悩みを解決します。
(※1)国内導入事例 - HP Indigoデジタル印刷機 | 日本HP http://jp.ext.hp.com/printers/digital-presses/indigo/casestudy/

copyright (c) 2016-2020 印刷通販ウイルダイレクト all rights reserved.