賢者の販促|ウイルの印刷製品サイト

お問い合わせ0120-957-008 全国7営業所平日9時−18時
製品サンプル 見積り・お問い合わせ
ホーム

リッチブラック

リッチブラック 印刷

リッチブラック

読み方

りっちぶらっく

意味

リッチブラックとはインキ(K)にCMYのインキを加えた黒色のことです。
インキだけでは表現できない、深みのある黒を表現することができる設定です。

一般的にK100%にCMYをそれぞれ40%プラスしたリッチブラック(C40% M40% Y40% K100%)がよく使われます。

印刷の際、黒色はスミベタ(K100%)で表現できますが、リッチブラックの方が美しくしっとりとした深みのある黒に仕上がるといわれます。
文字や細かいオブジェクトにリッチブラックを使用すると見当ズレが起こりやすくなるので、黒色にしたい面積が大きい場合にリッチブラックが使われます。
塗り潰しはリッチブラック、文字や細かい部分はスミベタなど使い分けが必要です。

注意点

CMYKをそれぞれ100%に指定する4色ベタという黒もあります。
リッチブラックよりさらに濃い黒になりますが、印刷トラブルの原因になる場合があるので、あまり使われることはありません。
印刷データの作成では4色ベタを使用せず、リッチブラックまたはスミベタに設定するようにしましょう。

スミベタに加えるCMYの配色によって、趣の違う黒色を表現してもおもしろいですね。

もっと詳しく知りたい!

  1. 印刷で「リッチブラック」を使うときの注意事項(Adobeソフト使用時)
  2. 印刷トラブルを防ぐ!データチェックリスト(Adobeソフト使用時)
  3. CMYKとRGBの違いとは?
タイトルとURLをコピーしました
賢者の販促|ウイルの印刷製品サイト © 2022.All Rights Reserved.
株式会社ウイル・コーポレーション