中綴じ・無線綴じ冊子が安い 安いクセつけよう クセになる印刷通販 ウイルダイレクト
初めての方も安心。お気軽にご相談ください。
24時間注文受付。送料無料!
お支払い方法アイコン
お問い合わせ

中綴じ

中綴じ 冊子

中綴じ

読み方

なかとじ

意味

中綴じは、針金(ホッチキス)で綴じる製本方法の一種です。

本を開いた状態の紙を重ね、折った中央部分を2箇所ほど針金(ホッチキス)で綴じます。
中綴じ製本された冊子は、背表紙のない仕上がりになります。

中綴じの良い点は、以下の点が挙げられます。
・綴じ部分ぎりぎりまでページを広げられる
・8ページから綴じることができる(少ないページ数で冊子を作ることができる)
・比較的低コストで作成できる

数十ページ程度のページ数が少ない冊子に適していて、小冊子、週刊誌、漫画雑誌、マニュアル、会報誌、パンフレットなどによく使用されます。
一方で、100ページを超える冊子にはあまり向いていません。

表紙がソフトカバーとなる並製本の一種に分類されます。
やや手間はかかりますが、手作りも可能な製本方法です。

注意点

用紙を二つ折りにして重ねて製本するため、総ページ数は表紙を含めて「4の倍数」となります。制作時は注意してください。

ページ数が100ページ以上の場合は、「無線綴じ」が適しています。

中綴じは、中央を針金で綴じた背表紙のない冊子になるんですね。

もっと詳しく知りたい!(別ウインドウが開きます)

  1. 冊子制作用テンプレートをダウンロード
  2. 冊子を制作するときの注意事項
タイトルとURLをコピーしました

冊子の直販サイト「ウイルダイレクト」は、工場直販・送料無料で5営業日発送。アジア初導入の最新印刷設備(※1)と製造ラインによるデジタル印刷で、手頃な価格帯のモノクロ/フルカラー冊子を提供し、お客様の「多ページ冊子を作る設備がない」「自社設備では工数・コストがかかりすぎる」といったお悩みを解決します。
(※1)国内導入事例 - HP Indigoデジタル印刷機 | 日本HP http://jp.ext.hp.com/printers/digital-presses/indigo/casestudy/

copyright (c) 2016-2020 印刷通販ウイルダイレクト all rights reserved.