刷版

刷版 印刷

刷版

読み方

さっぱん

意味

印刷用の版のことで、PS版と呼ばれるアルミ製の板を使用します。

版は「印刷機にセットする大きなハンコ」のようなものです。
オフセット印刷(平版印刷)では、刷版処理を行い、絵柄が焼き付けられた印刷用の刷版に、インキを載せて用紙に転写させることで印刷が行われます。

作られた刷版は一度の印刷にのみ使用され、100部の印刷でも10,000部の印刷でも同じ数だけ必要となります。
フルカラー印刷の場合は、一度の印刷でCMYKの各色ごとに4枚の版が必要となります。
そのため、刷版を作成後に修正が発生したり、再印刷を行う場合には版を作り直す必要があり、その分コストがかかります。

なお、近年身近になってきた「デジタル印刷」は、印刷用データから直接用紙に印刷する方式のため「刷版」は存在しません。

1,000部を超えるような多くの部数を一度に印刷する場合は「版」を使用した印刷が主流で「刷版」が必要となります。

もっと詳しく知りたい!(別ウインドウが開きます)

  1. オフセット印刷とデジタル印刷の特徴を知りたい
タイトルとURLをコピーしました