差し込み製本

差し込み製本 加工

差し込み製本

読み方

さしこみせいほん

意味

差し込み製本は、二つ折りにした刷り本を重ね合わせて冊子のようにまとめる綴じ方です。

スクラム製本、新聞形式製本、挟み込み製本、綴じ無し製本、針金なし製本、空綴じとも呼ばれており、どれも同じ綴じ方を指します。

新聞や会報誌、フリーペーパーなどでよく見かける綴じ方で、針金や糸、糊を用いない製本方式です。

針金を使わないためリサイクルに適しており、安全性が確保された製本方法です。

針金で留めずに差し込むのですね。

タイトルとURLをコピーしました