挟み込み製本

挟み込み製本 加工

挟み込み製本

読み方

はさみこみせいほん

意味

二つ折りにした刷り本を重ね合わせて冊子のようにまとめる製本方式を指します。代表的な例としては新聞紙があります。

針金や糸、糊を用いない製本方式で、空綴じ、差し込み、綴じなし製本、スクラム製本とも言われます。

針金を使わないためリサイクルに適しており、また安全性も確保された製本方法で、フリーペーパー等にも採用されています。

環境にも人にも優しい製本ですね。

タイトルとURLをコピーしました