中綴じ・無線綴じ冊子が安い 安いクセつけよう クセになる印刷通販 ウイルダイレクト
初めての方も安心。お気軽にご相談ください。
24時間注文受付。送料無料!
お支払い方法アイコン
お問い合わせ

糸かがり綴じ

糸かがり綴じ 加工

糸かがり綴じ

読み方

いとかがりとじ

意味

本のの部分を糸を用いて綴じていく製本方法です。糸で綴じた後下固めとして接着剤が塗布されます。

用紙の種類、連量判型、束厚などによって、最適な綴じ糸の太さや糸質を選択することで仕上りを丈夫にすることができるので、長い期間繰り返し使う辞書や教本などページ数が多いハードカバーの書籍に多く用いられます。

本のに当たる部分を切り離していないため紙面を広く使える、接着剤をあまり使わないため本の開きがよい、といったメリットがありますが、手間がかかる分コストが高くつき、生産に時間を要することがあります。

糸を使って綴じることで丈夫になるんですね!

もっと詳しく知りたい!(別ウインドウが開きます)

  1. 冊子を制作するときの注意事項
  2. 豪華な冊子を作りたい方はこちら!
  3. 「無線綴じ」と「中綴じ」の違いとは?
タイトルとURLをコピーしました

冊子の直販サイト「ウイルダイレクト」は、工場直販・送料無料で5営業日発送。アジア初導入の最新印刷設備(※1)と製造ラインによるデジタル印刷で、手頃な価格帯のモノクロ/フルカラー冊子を提供し、お客様の「多ページ冊子を作る設備がない」「自社設備では工数・コストがかかりすぎる」といったお悩みを解決します。
(※1)国内導入事例 - HP Indigoデジタル印刷機 | 日本HP http://jp.ext.hp.com/printers/digital-presses/indigo/casestudy/

copyright (c) 2016-2020 印刷通販ウイルダイレクト all rights reserved.