糸かがり綴じ

糸かがり綴じ 加工

糸かがり綴じ

読み方

いとかがりとじ

意味

本のの部分を糸を用いて綴じていく製本方法です。糸で綴じた後下固めとして接着剤が塗布されます。

用紙の種類、量、判型、束厚などによって、最適な綴じ糸の太さや糸質を選択することで仕上りを丈夫にすることができるので、長い期間繰り返し使う辞書や教本などページ数が多いハードカバーの書籍に多く用いられます。

本のに当たる部分を切り離していないため紙面を広く使える、接着剤をあまり使わないため本の開きがよい、といったメリットがありますが、手間がかかる分コストが高くつき、生産に時間を要することがあります。

糸を使って綴じることで丈夫になるんですね!

もっと詳しく知りたい!(別ウインドウが開きます)

  1. 冊子を制作するときの注意事項
  2. 豪華な冊子を作りたい方はこちら!
  3. 「無線綴じ」と「中綴じ」の違いとは?
タイトルとURLをコピーしました