菊判

菊判 用紙

菊判

読み方

きくばん

意味

紙の寸法の種類の一つで、全判サイズで939mm×636mmのものを指します。縦横を1/4にした218mm×152mmの書籍のサイズを指す場合もあります。

A列本判より若干大きいため、Aサイズの印刷物に使われることが多いです。
元々は輸入紙の規格で、新聞用紙の寸法でしたが、一般の出版物にも使われるようになりました。

注意点

書籍のサイズを指す場合、出版社によって微妙にサイズが異なることがあります。

用紙の規格はA・B以外もあるんですね。

タイトルとURLをコピーしました