賢者の販促|ウイルの印刷製品サイト

お問い合わせ0120-957-008 全国7営業所平日9時−18時
製品サンプル 見積り・お問い合わせ
ホーム

菊判

菊判 用紙

菊判

読み方

きくばん

意味

菊版とは、紙の寸法の種類の一つで、全判サイズで939mm×636mmのものを指します。縦横を1/4にした218mm×152mmの書籍のサイズを指す場合もあります。

A列本判(880mm×625mm)より、ひとまわり大きいサイズとなっていることから、A判サイズを効率よく印刷できるサイズとなっています。

書籍のサイズを表す菊判は、単行本によく使用されるA5(210mm×148mm)やB5(182mm×128mm)などのサイズより一回り大きくなります。書籍などでは、サイズが大きく目につきやすい理由から、現在も菊判が利用されることがあります。

新聞用紙に使用する目的で、日本がアメリカから輸入した紙のサイズが由来となっています。もともとは新聞用紙のみに使用する予定でしたが、使い勝手がよいサイズであることから他の出版物にも使用されるようになりました。

注意点

書籍のサイズを指す場合、明確な規格サイズではないため、出版社によって寸法が異なる場合があります。

用紙の規格はA判・B判以外もあるんですね。

もっと詳しく知りたい!

  1. 印刷で主に使用されている用紙のサイズは?
  2. 印刷に使う紙を実際に見てみたい
タイトルとURLをコピーしました
賢者の販促|ウイルの印刷製品サイト © 2022.All Rights Reserved.
株式会社ウイル・コーポレーション