螺旋とじ

螺旋とじ 加工

螺旋とじ

読み方

らせんとじ

意味

ページの綴じ位置に小さな綴じ穴を開け、その穴に螺旋状の針金・プラスチックなどを表紙の上から通して綴じる方法を螺旋綴じといいます。

紙を強く引っぱることで穴付近が簡単に破れるので、必要なページを取り外しができるほか、目当てのページ一番上に配置して残りページを後ろに回して見やすくできるなどの利点があるため、スケッチブックやノート、アルバムなどで多く使われています。

製本の際には、表紙と中身の四方を断裁してすべて1枚紙としてから、綴じ側の方に多数の穴を一列に開けて、表紙の上から針金・プラスチックなど通して綴じていきます。

冊子の背が綴じられていないのできれいに開けますね。

タイトルとURLをコピーしました