観音折り

観音折り 加工

観音折り

読み方

かんのんおり

意味

四つ折りの一種で、両端をそれぞれ紙の中央に揃うよう内側に折り、さらに中央で二つ折りする折り方で、両側に開く「観音開き」のような構造から「観音折り」と呼ばれています。

中身を見る際に、扉を開くようなワクワク感が得られ、パンフレットによく利用されています。

紙面を広げると、折りたたまれた状態に比べて、横に倍のサイズ展開ができ、紙面サイズの大きさから多くの情報を掲載できます。
合計8面ある紙面のデザイン・構成を工夫することで、開いて展開する際に紙面内容に興味を持たせることができます。

開く前の紙面で導入部分を紹介し、開いた中面により興味がわく内容を載せると効果的ですね。

タイトルとURLをコピーしました