賢者の販促|ウイルの印刷製品サイト

お問い合わせ0120-957-008 全国7営業所平日9時−18時
製品サンプル 見積り・お問い合わせ
ホーム

連量

連量 印刷

連量

読み方

れんりょう

意味

量とは1あたりの重量のことです。
紙を規定のサイズで1000枚重ねた束のことを「1(1R)」といい、1あたりの重量を「kg(キログラム)」で表しています。
同じ紙でも既定のサイズが異なると量が異なることがあります。一般的には品数の多い四六判量表記に合わせることが多いです。

連量の例

量の他に紙の重さを表す方法として以下があります。
坪量:洋紙及び板紙1㎡当たりの重量を表します。単位はg/㎡です。
量、坪量への換算方法は以下になります。
量(kg) = 坪量(g/㎡) × 面積(㎡) × 1,000枚 ÷ 1,000(g/kg)
坪量(g/㎡) = 量(kg) × 1,000(g/kg) ÷ 1,000枚 ÷ 面積(㎡)

注意点

用紙ごとに1の重さは異なります。
量を表記する際は原紙サイズを併せて書く必要があります。
例:四六判110kg、四六判<110>

軽い表記ほど紙は薄く、重い表記ほど厚くなるのです。

もっと詳しく知りたい!

  1. 印刷用紙の一覧を見る
  2. 印刷で主に使用されている用紙のサイズは?
  3. 印刷に使う紙を実際に見てみたい
タイトルとURLをコピーしました
賢者の販促|ウイルの印刷製品サイト © 2022.All Rights Reserved.
株式会社ウイル・コーポレーション