賢者の販促|ウイルの印刷製品サイト

製品サンプル 見積り・お問い合わせ
ホーム

連 印刷

読み方

れん

意味

連とは紙を数える単位のことです。
洋紙原紙の場合は、規定寸法に仕上げた1000枚分、板紙原紙の場合は、規定寸法に仕上げた100枚分、巻取紙の場合は、規定寸法に仕上げた1000枚分の単位として使用されます。1連あたりの重量を連量と呼び、「kg(キログラム)」で表します。
略号は「R」で表記され、洋紙を「KR」、板紙を「BR」と表記する場合もあります。

紙を取引する際によく使用されます。
印刷会社など多量の紙を取引する場合は「連」を使用するのが一般的です。

連の語源は英語の「Ream(リーム)」を音訳したものといわれています。

注意点

用紙ごとに1連の重さは異なります。
連量を表記する際は原紙サイズを併せて書く必要があります。
例:四六判110kg、四六判<110>

「連」の由来は英語の「Ream(リーム)」からきているんだ。略号も「Ream」の頭文字の「R」からとったんだよ。

もっと詳しく知りたい!

  1. 印刷で主に使用されている用紙のサイズは?
  2. 印刷に使う紙を実際に見てみたい

タイトルとURLをコピーしました
賢者の販促|ウイルの印刷製品サイト © 2022.All Rights Reserved.
株式会社ウイル・コーポレーション