賢者の販促|ウイルの印刷製品サイト

お問い合わせ0120-957-008 全国7営業所平日9時−18時
製品サンプル 見積り・お問い合わせ
ホーム

8ページ折り

8ページ折り 加工

8ページ折り

読み方

はちぺーじおり

意味

折り加工後の仕上がりが8ページとなる折り方を指します。
用紙を一度半分に折り、90度回転させてもう一度折るクロス折りを指すことが多いですが、紙面を4分割し、両端を内側に折り込んだ後でもう一度中央で折る観音折りや一度半分に折った後、平行にもう一度中央で巻き四つ折りを示す場合もありますので、仕上がり形態に合わせて折り方を指定する必要があります。
クロス折りであれば折込チラシなどに、観音折りであればパンフレットなどに使用されます。
冊子を作る際の中間工程としても用いられますが、その場合は綴じ加工の後に折り目(袋)を断裁する必要があります。

8ページ折りを作るのにもいくつかの折り方があるんですね。

もっと詳しく知りたい!

  1. 他の折り加工を見る
  2. 印刷物は紙のどこまでデザインする必要があるのか
  3. 印刷に使う紙を実際に見てみたい

タイトルとURLをコピーしました
賢者の販促|ウイルの印刷製品サイト © 2022.All Rights Reserved.
株式会社ウイル・コーポレーション