長体

長体 DTP

長体

読み方

ちょうたい

意味

長体とは、横を縮めて縦長に変形させた文字のことを指します。
主に、正体(縦横比が同じ文字)では文字数が多くなり入らない時に使われます。

欧文書体の「Condensed」(コンデンスド)、日本語フォントでもモリサワフォントの「UD新ゴ コンデンス」シリーズなどは、最初から横を縮めた状態でデザインされています。

また、長体とは反対に縦を縮めて横長に変形させた文字のことは平体(へいたい・ひらたい)と言われています。

注意点

文章において長体の使用は、可読性を損なうので注意が必要です。

長体は縦長に変形させた文字を指すんですね!

タイトルとURLをコピーしました