DTP

ベタ

ベタ 読み方 べた 意味 インキ濃度が100%の色または100%の色同士の掛け合わせで塗りつぶした部分のことをベタといいます。 「ベタ印刷」とは上記の色での印刷を指し、インキで紙の表面が覆い尽くされる状態になります...
DTP

モアレ

モアレ 読み方 もあれ 意味 網点などの規則正しい模様が重なった時に、並び間隔の差によって発生する縞模様のことで、モワレ( moiré)というフランス語が語源です。 基本的に印刷物は、CMYKの四色が小さ...
DTP

塗り足し

塗り足し 読み方 ぬりたし 意味 断裁機の僅かな位置ずれにより、紙の白場が見えてしまうのを防ぐため、仕上がり位置の外側に3mm以上、わざとはみ出すようにデザインしておく部分を塗り足しといいます。断ち落としとも呼ばれ...
加工

外六つ折り

外六つ折り 読み方 そとむつおり 意味 紙面を六つに分けて、山折りと谷折りで交互に折る折り方を外六つ折りといいます。 外折りは、表面を外側に見せたいときに使用するのが一般的で、パンフレットやカタログなどで多く採用さ...
DTP

校了

校了 読み方 こうりょう 意味 校了とは原稿の修正箇所がなくなり、校正が完了した状態のことです。 お客様より校了をいただいた原稿はすぐに印刷のできる完璧な状態を指しています。これをもって編集作業は完了となり、...
DTP

トンボ

トンボ 読み方 とんぼ 意味 台紙の外側の角と中央に付けられている、線を2本重ねたようなマークのこと。「トリムマーク」とも呼ばれます。 その形状から、四隅のトンボは「角トンボ(コーナートンボ)」、各辺中央(センター...
製本

ノド

ノド 読み方 のど 意味 本や冊子の部位の名称で、本を開いたときに、綴じ部分にあたる付近をノドといいます。 見開きの状態のとき、 中央部分(綴じ側の部分)をノドと呼び、ノドから絵柄までの間隔をノドのアキと呼び...
加工

外四つ折り

外四つ折り 読み方 そとよつおり 意味 紙面を四つに分けて、山折りと谷折りで交互に折る折り方を外四つ折りといいます。外折りは、表面を外側に見せたいときに使用するのが一般的で、パンフレットやカタログなどで多く採用され...
製本

小口

小口 読み方 こぐち 意味 本や冊子の部位の名称で、綴じ方向の反対側の、本を開く側の部分を小口といいます。製本の際に断裁される側にあたります。 一般的に、材料やものの切り口を小口といいます。製本工程では、紙を...
DTP

文字化け

文字化け 読み方 もじばけ 意味 文字化けとは、コンピュータで入力した文字が、モニターやプリンターで正しく表示されないことを言います。 文字化けの原因はさまざまですが、例として以下の6点が挙げられます。 ・作...
タイトルとURLをコピーしました