PP貼り

PP貼り 加工

PP貼り

読み方

ぴーぴーばり

意味

PP貼りとは、ラミネート加工の一種で印刷物の耐久性を向上させるための加工です。

印刷された用紙に接着剤を塗布してポリプロピレンフィルムを圧着させます。
冊子・カタログの表紙や、カードなどに使用される場合が多くフィルムを貼ることによって耐久性、耐湿性が上がり、印刷物そのものの美観や高級感も増します。
また印刷時のインキの剥がれ・転写を防ぐために表紙などにPP加工を行う場合もあります。

フィルムのタイプは主に以下の2種類です。
・ツヤ・光沢のある仕上がりになる「グロスタイプ」
・ツヤ消しの仕上がりになる「マットタイプ」
特殊フィルムとしてホログラムや蒸着フィルムなども存在します。

熱で圧着するので、薄い用紙にPP加工をすると紙がよれてしまったり、色味が変わってしまうことがあるので加工時は注意が必要です。

もっと詳しく知りたい!(別ウインドウが開きます)

  1. 「PP加工」の冊子を作りたい方はこちら!
  2. 豪華な冊子を作りたい方はこちら!
タイトルとURLをコピーしました