中綴じ・無線綴じ冊子が安い 安いクセつけよう クセになる印刷通販 ウイルダイレクト
初めての方も安心。お気軽にご相談ください。
24時間注文受付。送料無料!
お支払い方法アイコン
お問い合わせ

総網点量

総網点量 DTP

総網点量

読み方

そうあみてんりょう

意味

総網点量とは、網点の合計で、CMYKで400%(C100%+M100%+Y100%+K100%)が最大の総網点量となります。

印刷用紙・インキ・印刷機などによって総網点量の限界値は異り、一般的には新聞は250%、雑誌広告は320%、一般商業印刷は300~360%といわれています。

CMYK全ての色で網点濃度100%を指定されている色を総ベタと呼ぶこともあります。

注意点

総網点量が高い絵柄の部分は印刷時のインキの定着や乾きが不十分となり、ブロッキングや裏移りといった問題が発生しやすくなり、印刷物が汚れる原因となります。

総網点量の数値を意識してデータを作りましょう!

もっと詳しく知りたい!(別ウインドウが開きます)

  1. 印刷で「リッチブラック」を使うときの注意事項(Adobeソフト使用時)
  2. 画像の画質設定の変更方法を知りたい
タイトルとURLをコピーしました

冊子の直販サイト「ウイルダイレクト」は、工場直販・送料無料で5営業日発送。アジア初導入の最新印刷設備(※1)と製造ラインによるデジタル印刷で、手頃な価格帯のモノクロ/フルカラー冊子を提供し、お客様の「多ページ冊子を作る設備がない」「自社設備では工数・コストがかかりすぎる」といったお悩みを解決します。
(※1)国内導入事例 - HP Indigoデジタル印刷機 | 日本HP http://jp.ext.hp.com/printers/digital-presses/indigo/casestudy/

copyright (c) 2016-2020 印刷通販ウイルダイレクト all rights reserved.