中綴じ・無線綴じ冊子が安い 安いクセつけよう クセになる印刷通販 ウイルダイレクト
初めての方も安心。お気軽にご相談ください。
24時間注文受付。送料無料!
お支払い方法アイコン
お問い合わせ

奥付

奥付 冊子

奥付

読み方

おくづけ

意味

本の巻末に設けられている、書誌に関する事項を記載した部分を指します。
本のタイトルや著者名、版数、発行日、発行者、発行所などが記載され、書物に関する責任の所在を示します。
日本では江戸時代に幕府の法令上の強制から始まったとされており、明治に制定された「出版法」で政府による検閲を目的として義務付けられました。しかし第二次世界大戦後に日本国憲法第21条で「言論の自由」と「検閲の禁止」が定められ、出版法は廃止、奥付の義務もなくなりましたが、ほとんどの書籍に慣習として続けられています。

注意点

現在は奥付を必ず付けなければならない義務はありませんが、書店に流通する場合は責任所在を明確にするため、奥付に発行元や発売元が表記され必須となります。

本の責任所在を示すために入れたほうがよいのですね。

もっと詳しく知りたい!(別ウインドウが開きます)

  1. 冊子制作用テンプレートをダウンロード
  2. 冊子の各部分の名称を詳しく解説!
  3. 冊子注文時に間違えやすいポイント
タイトルとURLをコピーしました

冊子の直販サイト「ウイルダイレクト」は、工場直販・送料無料で5営業日発送。アジア初導入の最新印刷設備(※1)と製造ラインによるデジタル印刷で、手頃な価格帯のモノクロ/フルカラー冊子を提供し、お客様の「多ページ冊子を作る設備がない」「自社設備では工数・コストがかかりすぎる」といったお悩みを解決します。
(※1)国内導入事例 - HP Indigoデジタル印刷機 | 日本HP http://jp.ext.hp.com/printers/digital-presses/indigo/casestudy/

copyright (c) 2016-2020 印刷通販ウイルダイレクト all rights reserved.