か行

用紙

カード紙

カード紙 読み方 かーどし 意味 表面がコーティングされた光沢がある用紙(塗工紙)です。「板紙(ボール紙)」の一種であり、板紙の中でも上質な部類の「高級白板紙」に該当します。厚くて丈夫なため、本の表紙やはがきなどの...
加工

観音折り

観音折り 読み方 かんのんおり 意味 四つ折りの一種で、両端をそれぞれ紙の中央に揃うよう内側に折り、さらに中央で二つ折りする折り方で、両側に開く「観音開き」のような構造から「観音折り」と呼ばれています。中身を見る際...
DTP

級(Q)

級(Q) 読み方 きゅう 意味 文字の大きさを示す日本独自の単位です。アルファベットでは「Q」と表記され、印刷やDTPの現場で主に使われます。 1Q = 0.25mm。4Qで1mmとなり、ミリメートル換算がしやすい...
DTP

金赤

金赤 読み方 きんあか 意味 マゼンタ(M100%)とイエロー(Y100%)を、かけ合わせることで表現される赤色のことを指します。メリハリのついた目立つ色なので、価格やタイトル等、デザイン上で注目させたい箇所によく...
DTP

グラデーション

グラデーション 読み方 ぐらでーしょん 英語表記 Gradation(グラデーション) 意味 グラデーションとは連続した階調で色を表現することを指します。また、写真等の色が連続的に変化することをいいます...
印刷

クリープ処理

クリープ処理 読み方 くりーぷしょり 意味 中綴じ製本の際、紙の厚さにより内側のページほど紙の端が狭くなるため、ページ数や紙の厚さによっては、印刷絵柄が切り落とされることがあります。綴じ側の余白を調整することで、ペ...
製本

罫下

罫下 読み方 けした 意味 本(書物)の部位名のひとつで、下側の切り口部分または本文下部の余白を指します。「地」とも呼ばれます。逆に、本の上側の部分は「天」または「あたま」と呼ばれます。  印刷用語では、活版印刷で...
DTP

校了

校了 読み方 こうりょう 意味 校了とは原稿の修正箇所がなくなり、校正が完了した状態のことです。 お客様より校了をいただいた原稿はすぐに印刷のできる完璧な状態を指しています。これをもって編集作業は完了となり、...
用紙

コート紙

コート紙 読み方 こーとし 意味 光沢がある印刷用紙で、上質紙の表面にコーティングが施されている用紙がコート紙です。 パンフレット・リーフレット・ポスター・チラシ等でよく使われます。 商業印刷で使用されるコ...
製本

小口

小口 読み方 こぐち 意味 本や冊子の部位の名称で、綴じ方向の反対側の、本を開く側の部分を小口といいます。製本の際に断裁される側にあたります。 一般的に、材料やものの切り口を小口といいます。製本工程では、紙を...
タイトルとURLをコピーしました