中綴じ・無線綴じ冊子が安い 安いクセつけよう クセになる印刷通販 ウイルダイレクト
初めての方も安心。お気軽にご相談ください。
24時間注文受付。送料無料!
お支払い方法アイコン
お問い合わせ

現像

現像 印刷

現像

読み方

げんぞう

意味

現像とは、写真乾板・フィルム・印画紙を露出した後、薬品で映像をあらわすことを言います。

フィルムに露光した映像は目に見えない状態です。
その目に見えない像をハロゲン化銀などによる現像液によって化学処理を行い目に見える像(可視像)としてポジ像を表します。

フィルムで撮影されたものをネガ画像から現像→定着→水洗→乾燥の手順を経て、印画紙にポジ画像として目に見える像として表しています。
「チェキ」などのインスタントカメラもこの方法で現像されています。

また、デジタルカメラで撮影した加工前の画像を専用のソフトウエアを使って処理する事も現像と言います。

デジタルカメラの普及によって、現像液を使う現像が少なくなっていっています。

もっと詳しく知りたい!(別ウインドウが開きます)

  1. 印刷物に適した画像解像度とは?
タイトルとURLをコピーしました

冊子の直販サイト「ウイルダイレクト」は、工場直販・送料無料で5営業日発送。アジア初導入の最新印刷設備(※1)と製造ラインによるデジタル印刷で、手頃な価格帯のモノクロ/フルカラー冊子を提供し、お客様の「多ページ冊子を作る設備がない」「自社設備では工数・コストがかかりすぎる」といったお悩みを解決します。
(※1)国内導入事例 - HP Indigoデジタル印刷機 | 日本HP http://jp.ext.hp.com/printers/digital-presses/indigo/casestudy/

copyright (c) 2016-2020 印刷通販ウイルダイレクト all rights reserved.