賢者の販促|ウイルの印刷製品サイト

お問い合わせ0120-957-008 全国7営業所平日9時−18時
製品サンプル 見積り・お問い合わせ
ホーム

感光紙

感光紙 DTP

感光紙

読み方

かんこうし

意味

感光紙とは、感光剤(光で反応する薬剤)を塗った印画紙のことです。
写真の焼き付けの印画紙や、図面や文書の複製に使用する青写真の焼き付けに使用する印画紙が、感光紙の代表的なものです。

光のあたった部分が黒く、光の当たらない部分が白く焼き付けられます。
感光紙は光に反応してしまう為、保存は暗所で行います。
感光紙に焼き付けられたものも光に当て続けると退光してしまいます。

似たものにレシートなどに使用される感熱紙がありますが、こちらは熱で反応する薬剤が紙に塗られていて、熱を加える事で、像が紙に焼き付けられる仕組みで、感光紙とは異なる用途で使われます。

昔懐かしい「日光写真」も感光紙の仕組みが使われています。

タイトルとURLをコピーしました
賢者の販促|ウイルの印刷製品サイト © 2022.All Rights Reserved.
株式会社ウイル・コーポレーション