賢者の販促|ウイルの印刷製品サイト

製品サンプル 見積り・お問い合わせ
Facebook Twitter Instagram
ホーム

ゴシック体

ゴシック体 DTP

ゴシック体

読み方

ごしっくたい

意味

ゴシック体とは、縦横の線の太さが同じになるようにデザインされている書体です。

ゴシック体の字に装飾的な要素はありません。視認性に優れ、キャッチコピーや要点など、「読む」というよりは「見る」という意味合いの強い要素に向いています。新聞などでは見出しにインパクトのあるゴシック体が用いられることが多いです。
小さな文字でも読みやすいため、時刻表や注釈などにもゴシック体が使われます。また、パソコンの画面表示は基本的にゴシック体が用いられています。

太めのゴシック体は「親近感」「インパクト」「カジュアル」、細めのゴシック体は「モダン」「シンプル」といった印象を与えることができます。

ゴシック体は視認性=見やすさに優れているんですね。

もっと詳しく知りたい!

  1. 印刷時の文字の大きさ・潰れ・欠けとは(Officeソフト使用時)
  2. 印刷時の文字の大きさ・潰れ・欠けとは(Adobeソフト使用時)

タイトルとURLをコピーしました
賢者の販促|ウイルの印刷製品サイト © 2022.All Rights Reserved.
株式会社ウイル・コーポレーション