賢者の販促|ウイルの印刷製品サイト

お問い合わせ0120-957-008 全国7営業所平日9時−18時
製品サンプル 見積り・お問い合わせ
ホーム

中付きルビ

中付きルビ DTP

中付きルビ

読み方

なかつきるび

意味

漢字のそれぞれの文字に対して、中央揃えで配置したルビの事を「中付きルビ」と言います。
中付きルビで横書きの「印刷」という文字に「いんさつ」のルビを振る場合、「印」の上に「いん」を、「刷」の上に「さつ」を中央揃えで配置します。

ルビとは漢字のふりがなの事を指し、横書きの場合は漢字の上側に、縦書きの場合は漢字の右側にルビを配置します。

ちなみに、ルビとは宝石の「ルビー」の略で、19世紀後半にイギリスで活字の大きさを宝石で表現していた名残のようです。ルビは通常「7号」という大きさの活字を使用しており、ポイントに直すと約5.25ポイント=これに近い大きさである「ルビー」と呼ばれていましたが、省略されて「ルビ」になったと言われています。

横組みの場合は基本的に中付きルビを使います。

もっと詳しく知りたい!

  1. 印刷トラブルの原因になる「ヘアライン」とは?(Adobeソフト使用時)
  2. 印刷時の文字の大きさ・潰れ・欠けとは(Officeソフト使用時)
  3. 印刷時の文字の大きさ・潰れ・欠けとは(Adobeソフト使用時)

タイトルとURLをコピーしました
賢者の販促|ウイルの印刷製品サイト © 2022.All Rights Reserved.
株式会社ウイル・コーポレーション