T目

T目 用紙

T目

読み方

たてめ

意味

T目は「タテ目」の略称で、用紙の繊維の向きを表す紙目の一つです。
全紙(製紙工場で出来上がったままのサイズ)の長辺に沿って、紙目が平行な用紙を指します。
寸法は「短辺×長辺」で表記されます。

注意点

折り加工の際は、折り目と紙の目が平行でないと折りづらくなります。場合によっては、紙の繊維がちぎれて表面が割れた状態になることもあります。

用紙は湿度によって、紙内部の繊維が膨張・収縮します。目の向きとは垂直に伸縮するため、用途に応じて紙の目を選択する必要があります。

紙の繊維の向きで様々な影響が出るんですね。

タイトルとURLをコピーしました