賢者の販促|ウイルの印刷製品サイト

お問い合わせ0120-957-008 全国7営業所平日9時−18時
製品サンプル 見積り・お問い合わせ
ホーム

逆目

逆目 製本

逆目

読み方

ぎゃくめ

意味

用紙の繊維の向きを紙目(かみめ)と呼びますが、印刷物の加工時の折り目が紙目と逆方向(紙目に垂直)となるものを逆目(ぎゃくめ)と言います。

逆に紙目折り目が一致するものは順目(じゅんめ)と言います。

紙を折る際、逆目は紙の繊維に逆らうため、順目に比べて折りづらくなります。
逆目で折加工された印刷物は、仕上がりが波打ったり、折り目が背割れしたり、冊子の場合は開きづらくなったりするため、一般的には順目で加工するのがよいとされています。

逆目だと折りづらいんですね。

タイトルとURLをコピーしました
賢者の販促|ウイルの印刷製品サイト © 2022.All Rights Reserved.
株式会社ウイル・コーポレーション