CMYK

CMYK DTP

CMYK

読み方

しーえむわいけー

英語表記など

Cyan, Magenta, Yellow, Key Plate(シアン,マゼンタ,イエロー,キープレート)

意味

CMYKとは、色の表現方法のひとつで、シアン(Cyan)、マゼンタ(Magenta)、イエロー(Yellow)、ブラック(Black)の4色の成分によって色を表す表現法で、主に印刷に使用されます。

C シアン
M マゼンタ
Y イエロー
K ブラック(キープレート=黒)

CMYKは、印刷するインキの基本となる色です。大型の印刷機でも家庭用プリンターでも、印刷する際はこのCMYKが基本となります。通常白い紙にCMYKのインキを乗せることで、白色背景から特定の波長の色を吸収または減らしていき、様々な色を再現します。

RGBは光の三原色で、テレビやパソコンのモニター、スマートフォンの画面など、光で表現される色です。通常黒い画面から光を混ぜることで様々な色を再現します。RGBのすべての色が混ぜ合わされると白色になります。

R レッド
G グリーン
B ブルー

光で表現する色と、4色のインキで表現する色とでは、表現できる色の幅が大きく異なります。モニターと印刷物の色が異なるのは、RGBとCMYKのカラーモードの違いによって起きるのです。特にペイント系ソフトで描いたイラストや、デジカメ・スマホで撮った写真、オフィス系ソフトで作成されたデータは、基本的にRGBカラーですので、CMYKのインキで印刷することで、色が変わってしまうことが多いのです。

当社の印刷通販では、このような色の差をできるだけ少なくして、モニターに近い色味で出力することが、ワークフローに組み込まれています。

印刷のCMYKとモニターなどのRGBは、色の再現性が大きく異なるんですね。

タイトルとURLをコピーしました