中綴じ・無線綴じ冊子が安い 安いクセつけよう クセになる印刷通販 ウイルダイレクト
初めての方も安心。お気軽にご相談ください。
24時間注文受付。送料無料!
お支払い方法アイコン
お問い合わせ

スクリーン線数

スクリーン線数 DTP

スクリーン線数

読み

すくりーんせんすう

意味

1インチあたりに並ぶ網点の数のことで、印刷物の精度(きめ細かさ)を示します。単に「線数」と呼ばれることもあります。単位は「線」や「lpi(line per inch)」で表し、175線であれば1インチ当たり175個の網点で表現されることになります。

線数が多くなるほど原稿の階調に近づきますが、ドットゲイン(網点のつぶれ)が起きやすくなります。また、用紙の平滑度によって適切な線数は変わってきます。新聞(更紙)は65~100線、雑誌(上質・コート、アート紙)は133~175線、高級印刷物(特にアート紙など)は200線以上がよく使われます。

その他印刷の方式、機械の精度、用途や目的によって適切な線数が選択されます。

当社のオフセット印刷では通常175線で印刷します。

もっと詳しく知りたい!(別ウインドウが開きます)

  1. 画像の画質設定の変更方法を知りたい
  2. 印刷に使う紙を実際に見てみたい
タイトルとURLをコピーしました

冊子の直販サイト「ウイルダイレクト」は、工場直販・送料無料で5営業日発送。アジア初導入の最新印刷設備(※1)と製造ラインによるデジタル印刷で、手頃な価格帯のモノクロ/フルカラー冊子を提供し、お客様の「多ページ冊子を作る設備がない」「自社設備では工数・コストがかかりすぎる」といったお悩みを解決します。
(※1)国内導入事例 - HP Indigoデジタル印刷機 | 日本HP http://jp.ext.hp.com/printers/digital-presses/indigo/casestudy/

copyright (c) 2016-2020 印刷通販ウイルダイレクト all rights reserved.