賢者の販促|ウイルの印刷製品サイト

お問い合わせ0120-957-008 全国7営業所平日9時−18時
製品サンプル 見積り・お問い合わせ
ホーム

明朝体

明朝体 DTP

明朝体

読み方

みんちょうたい

意味

明朝体とは、横線に対して縦線が太いという線の強弱があり、筆で書いた様な「はね」や「はらい」がある書体です。

文字の形を判別しやすく可読性に優れ、「読む」文章に向いており、読み手が疲れにくい書体とされています。そのため、新聞、書籍、教科書などの本文には明朝体が多く使われています。

また、繊細さや優雅さを表現でき、「和風」「高感」「信頼感」といった印象を与えます。

注意点

解像度の低い印刷物やWEBでは細い線がかすれて読みにくくなってしまうため、注意が必要です。

明朝体は可読性=読みやすさに優れているんですね。

もっと詳しく知りたい!

  1. 印刷トラブルの原因になる「ヘアライン」とは?(Adobeソフト使用時)
  2. 印刷時の文字の大きさ・潰れ・欠けとは(Officeソフト使用時)
  3. 印刷時の文字の大きさ・潰れ・欠けとは(Adobeソフト使用時)

タイトルとURLをコピーしました
賢者の販促|ウイルの印刷製品サイト © 2022.All Rights Reserved.
株式会社ウイル・コーポレーション