賢者の販促|ウイルの印刷製品サイト

お問い合わせ0120-957-008 全国7営業所平日9時−18時
製品サンプル 見積り・お問い合わせ
ホーム

TIFF

TIFF DTP

用語

読み方

てぃふ

英語表記

Tagged Image File Format(タグド・イメージ・ファイル・フォーマット)

意味

TIFFとは、「Tagged Image File Format(タグド・イメージ・ファイル・フォーマット)」の略で、画像を保存する形式のひとつです。ファイル拡張子は「.tiff」「.tif」がよく使用されています。

「Tagged Image File Format」を日本語にすると、「タグ付き画像ファイル形式」となります。
名前の通り、画像データの先頭にファイル形式を示すタグ(詳細な画像情報)が記録されています。このタグにより、モノクロ/カラーなど色数や解像度など複数の画像情報を持つことができます。多種多様な画像データに対応でき、仕様が公開されているため、多くのグラフィックソフトで編集が行える互換性の高さを持っています。

TIFF画像は「非圧縮で保存ができる特性」と「圧縮方法を選択できる特性」があります。
圧縮せずに保存すれば保存を繰り返しても画質が劣化せず、画像の品質を保ったまま保存・データのやり取りが可能です。そのため、解像度の高い画像や、デジタル一眼レフカメラなどで撮影したサイズの大きい画像の形式に適しています。
また圧縮する場合も、「可逆圧縮」と呼ばれる方法を採用しており、画像の劣化が極めて少なく、オリジナルの画質を再現できるとされています。
画像をきれいに印刷できるため、DTPでは広く使われています。

注意点

画像情報が詳細な分、データ容量は大きくなります。圧縮せずに保存すると、さらに容量が大きくなります。
また、Web表示には対応していない形式なので、Web上で使用する際はJPEGなどの別の画像形式に変換する必要があります。

TIFF画像をIllustratorデータ上に配置する際、Illustrator EPS形式(.eps)で保存すると自動的に画像が埋め込まれ、画像を編集・更新しても反映されなくなります。TIFF画像を修正・編集する可能性がある場合は、Adobe Illustrator形式(.ai)で保存した方がよいでしょう。

解像度の高い画像に使われることが多いです。

もっと詳しく知りたい!

  1. 印刷物に適した画像解像度とは?
タイトルとURLをコピーしました
賢者の販促|ウイルの印刷製品サイト © 2022.All Rights Reserved.
株式会社ウイル・コーポレーション