背表紙

背表紙 製本

背表紙

読み方

せびょうし

意味

無線綴じ冊子では、表紙で本文を包み込む製本方法のため、おもて表紙(表1)と裏表紙(表4)をつなぐ部分に背が出来ます。背の部分を背表紙といいます。

中綴じ冊子は、中央部分を針金で綴じるため、背表紙にあたる部分がありません。

背表紙は、ページ数によって幅が異なります。背表紙の幅を背幅といいます。

背幅は、用紙の紙の厚さとページ数によって変化します。そのため、背幅を考慮して表紙をデザインする必要があります。

背幅の計算式

背幅(mm)=(表紙の紙の厚さ)×2+(本文の紙の厚さ)×ページ数÷2

無線綴じには、背表紙があるんですね。

もっと詳しく知りたい!(別ウインドウが開きます)

  1. 背表紙の幅の調整方法(Officeソフト使用時)
  2. 背表紙の幅の調整方法(Adobeソフト使用時)
  3. 「背幅計算ツール」で冊子の背表紙の幅を計算する
タイトルとURLをコピーしました